30歳は転職のターニングポイント

 転職するのにいい年齢というのは確実に存在します。その中の一つが30歳です。30歳という年齢になると、仕事に対して一通りのことを学び終わり部下を使って仕事を本格的にするようになる時期です。この時期になると自分のこの先の会社人生もある程度見え始め、このままこの会社で働き続けたほうがいいのか、転職でステップアップを目指した方がいいのかを迫られることになります。

 人材の流動性の高い業界の場合、30歳になると早くもヘッドハンティングや引き抜きが始まります。転職活動で人材を雇用するにしても、なるべく早くから優秀な人材を囲い込みたいと考えるのはどの企業も同じです。本格的に活躍して他の企業に目を付けられる前に引き抜こうと考えるのは、ごく自然な流れです。

 転職で求められる人材は、即戦力となって企業の利益に貢献してくれるような人材です。転職でステップアップを目指すのであれば、早いうちから仕事に積極的にかかわって経験を積んでおく必要があります。スキルや資格は転職で有利になりますが、現場経験は最も重視される要素です。20代のうちは経験値を上げるための期間と考えて、積極的に仕事に関わっておくと転職する場合に有利に働きます。

【関連ページ】
30歳の転職サイト
30歳は転職するのに最適な年齢です!

 30歳の転職でもう一つ考えておかなければいけないのが、結婚子育てを含むライフプランの設計です。この時期までに結婚している方は、転職が結婚生活のどのような影響を与えるのかも考慮しなくてはいけません。どのタイミングで転職するのが最適なのかは一概には言えませんが、ライフプランと合わせて転職を考えていく必要があります。

web analytics