転職の際に使える世代別志望動機

転職する際、履歴書・面接で問われる志望動機。
これを制する者は転職活動を制すると言っても過言ではありません。
なぜなら、面接官はそこから仕事への熱意や職場に適応できるかを判断するからです。

「面接は第一印象で決まる!」

などの瞬間的な採用・不採用はまず有り得ません。
面接官は数多くの志願者をふるいにかけ、行く末までも見てきています。
「どのようなタイプの人間が生き残り力を発揮できるか」
面接のごくわずかな時間でそれを見抜く為に、1番わかりやすい志望動機を聞くのです。

20代半ばくらいまでの方は、新しい業界・環境でどう力を発揮するかを元気よく。
フレッシュさをアピールしながら、ゼロからでも必死に取り組む思いを述べて下さい。
ネットをフル活用して、業界について調べた特徴や仕事内容を織り込むと好感度が高いようです。
新しい世代ならではの志望動機を作り上げて下さい。

30代以上の方は、今までの経験を次の業界でどう生かしたいかを詳しく述べて下さい。
「~してみたい」「〇〇を任されたい」
そういった希望よりも、どう会社に貢献できるかを考えてみて下さい。
イメージや先入観だけで業界を語るのはタブー。
理解する為にどれだけ調べたか、それを伝えられた時に意欲が伝わるでしょう。

ピックアップ
40歳以上の転職を応援するサイト
40歳の方は転職する前に見てみましょう。

全ての世代に共通するアドバイスは、明日から働くことをイメージして志望動機を考える事です。
業界全体の魅力を語った後には、企業の価値観や方向性に共感している思いを伝えましょう。
他社のHPなどをチェックして違いを把握しておく事も大切です。
前職で得た知識・体験などもふまえながら話すと、聞き手の想像力が高まります。

web analytics