将来の給与額を高めるための転職の仕方について

お金ではなく、キャリア重視の転職

 転職活動をする時に重視するポイントで、多くの方が思いつくのが「給料」だと思います。しかしながら、若手の転職の場合に給料だけで仕事を見つけてしまうとあまり将来的にはメリットにならないことがあるので注意が必要です。仕事をするのは大体40年程度ですが、これを四つのフェーズに分けたとき、お金を考えるのはキャリアが20~30年になってきたときがベストです。最初の10年間はお金のことはあまり考えない方が良いでしょう。もちろん、最低賃金よりも安いような職場は論外ですが一日に1万円程度の給料が入る職場であれば特に20代のときには勤め続けた方が良いです。

経験をいかに積むかを最優先で

 つまり、転職をする時にどれくらいお金がもらえるかではなくて、どんなキャリアが積めるかという所を重点的に考える方がよいということです。そうすると、経験の数だけできる仕事の内容に幅が出てきますし、転職をする中で一般的な人ができる同じような仕事よりも、自分しかできない専門的な仕事の方が給料が高くなるのです。この差を生み出すのが20代の中で経験した仕事とキャリアの積み重ねなのです。将来的に良い給料を貰うためにも、今は給料にこだわらないという選択も必要です。

web analytics