働きながらの転職活動がおすすめ

 これまで2度転職をしました。転職をして自分の納得のいく働き方ができているので満足しています。私の場合、どちらの転職活動も仕事を続けながら行いました。精神的にも物理的な時間の調整にも大変な思いをしましたが、それでも私は働きながらの就職活動をおすすめします。

 退職後の就職活動だと時間的な余裕は生まれますが、金銭面での不安が募りがち。内定が長引けば長引くほど不安に駆られ、結局「どこでもいいから拾ってくれ!」状態になり、転職の意味をなさなくなります。

 それならば多少時間てきな制約が厳しくても、働きながらコツコツ頑張る方が良策です。転職活動を通して「今いる会社が一番いい」と思いとどまる可能性もあると思います。そうすれば、今の会社で納得した働き方ができると思います。

 働きながらなんて、面接の時間が調整ができないんじゃあ…と思う方もいるかも知れません。たいていの会社は夜の面談も引き受けてくれますし、入社日の相談にも乗ってくれます。どうしてもお昼しか無理、と言われてしまったら有給休暇を消化すればいいだけのことです。時間の作り方はいくらでもあります。

【おすすめ情報】
50歳転職サイト情報|仕事を見つける方法
50歳の方に活用して欲しい転職サイト!

社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 なお、面接の時は、現在就業中であることと引き継ぎをきちんとしてから入社したいという意志は必ず伝えること。一見不利な発言に聞こえますが、実は逆。会社に対していい加減な態度を取らないというアピールになるんです。

web analytics